スポンサーサイト

  • 2014.11.09 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    赤ワインのポリフェノールとサプリメントについて

    • 2014.11.09 Sunday
    • 15:05
    前回はポリフェノールは種類が多く、サプリメントとしても摂取されていることを書いてみました。

    今回は赤ワインに含まれているポリフェノールの話をしましょう。

    ポリフェノールが豊富な食べ物として知られているものに赤ワインがあります。

    この赤ワインのポリフェノールは、サプリメントとしても使われているようです。

    赤ワインはぶどうの果汁だけでなく、茎や種子、皮も使うので白ワインより遙かにポリフェノールを多く含んでいます。

    なので赤ワインのポリフェノールの摂取は赤ワインをただ飲むだけでも良いのです。

    ただ赤ワインはお酒ですのでアルコールが入っています。

    そうすると未成年はもちろん、元々お酒に弱い人やアルコール摂取量を控えたい人には赤ワインを飲む方法以外で摂取方法を考えないといけません。

    そんな時には、アルコールを含まない赤ワインサプリメントでの摂取がおすすめです。

    フランス人は動物性脂肪の摂取量が多いにもかかわらず心臓疾患の確率が低いことから、フレンチパラドックスと呼ばれていました。

    それは動脈硬化を防ぐ作用や、抗ガン作用が赤ワインのポリフェノールにはあることが関係しているようです。

    ところで必要なポリフェノールを赤ワインから摂取することだけを考えた場合には、どの程度飲む必要があるのかご存じですか?

    おおよそ、毎日1.5杯程度だそうです。

    あまりアルコールを飲み過ぎると健康に良くない場合もあるでしょうし、お酒を摂取しないようにしている方もいます。

    なので、アルコールを飲むのが無理な人にはサプリメントによる摂取が良いのは言うまでもありません。

    サプリメントならば持ち運びに便利ですし、酒量に関わりなく赤ワインのポリフェノールが摂取できるという利点もあります。

    アルコールの過剰摂取は肝臓にも負担がかかりますが、サプリメントなら体に負担をかける事無く、健康的にポリフェノールを摂取することが可能です。

    あなたも赤ワインに由来するポリフェノールをサプリメントとして摂り入れてみませんか。

    ポリフェノールをサプリメントで摂取する際のポイント

    • 2014.11.09 Sunday
    • 14:54
    ポリフェノールが注目を浴びてから随分経ちます。

    一口にポリフェノールと言ってもその種類は300種以上とバラエティに富んでいます。

    ポリフェノールの成分は、植物の色素や苦味の成分なのだそうです。

    緑茶に含まれるカテキンや大豆の苦味成分であるイソフラボンもポリフェノールに分類されます。

    ポリフェノールは活性酸素を抑制し、がん予防や動脈硬化の予防、血中コレステロールの調整などに効果があるといわれていることが世間の注目を浴びた理由です。

    そころでポリフェノールはサプリメントで摂取することはできるのでしょうか。

    実は多くの人が健康のためにポリフェノールをサプリメントで摂取しているようです。

    ポリフェノールは水溶性という特徴があります。

    そのためサプリメントとして体内に取り入れると比較的早い段階で人体に作用します。

    ただ体内にポリフェノールは蓄積されないものですので、間もなく作用はなくなってしまうでしょう。

    ポリフェノールは更年期障害の軽減や、ストレス対策などにも役立ちます。

    ダイエットを目指している人にも人気ですネ。

    ポリフェノールは多種にわたるため他のノンフラボノイド類と淡色か無色のポリフェノール類とかが存在します。

    更にカカオポリフェノール、カシスポリフェノール、タンニンポリフェノールなどなど、植物によって中に存在するポリフェノールが異なるため、様々なポリフェノールのサプリメントが作られています。

    それぞれのポリフェノールの特徴を踏まえて自分に最も合うものを選択することが、ポリフェノールのサプリメントを選ぶ時には大切なことです。



    サプリメントの飲む時間や飲み方について

    • 2014.10.05 Sunday
    • 14:26
    サプリメントでも飲む時間や使い方を守ることが大事です。

    外見が医薬品と同じようなサプリメントが多いため、薬とサプリメントを混同している人がいます。

    サプリメントの飲む時間は、基本的に食事の後だろうと判断して、ずっとそうしているという人もいます。

    確かに特段指定がなければ、サプリメントの飲み方や飲む時間については、薬を処方された時と大差はないと考えてもよいでしょう。

    ただし用量の指定があるサプリメントは指定量以上飲まないようにします。

    足りない栄養素を補う意味で利用するビタミンやミネラルといったサプリメントの場合、できれば食事と同じような感覚で摂る方がおすすめです。

    何も食べていない時にサプリメントで栄養摂取をするのではなく、飲む時間を食事の時間と合わせるくらいが良いでしょう。

    サプリメントと一緒に飲むものもやはり薬と同じ感覚で、ジュースやお茶などよりは、水と一緒に飲んだほうが無難です。

    サプリメントはあくまでも食品なので、飲む時間や飲み方が毎回違っていてもそれ程大きな影響は無いと考えても大丈夫です。

    ただし、食品だからとサプリメントを一度にたくさん飲んでしまうと、過剰摂取の弊害が起きる可能性があります。

    いつ飲んでもいいサプリメントもありますが、時間をあけずに摂取していると体内に蓄積されすぎることもあります。

    サプリメントの効果を最大限に活かすためには、飲む時間についてもある程度の配慮が必要になります。

    サプリメントと薬の飲み合わせ

    • 2014.10.05 Sunday
    • 14:04
    前回はサプリメント同士の飲み合わせについてお届けしました。

    そこで、今回は、サプリメントとお薬の飲み合わせについてまとめてみます。

    普段サプリメントをとっている方は、病気をした時などに病院で薬を処方された場合は、今飲んでいるサプリメントとの飲み合わせに注意して下さい。

    サプリメントと医薬品は飲み合わせによって悪影響が出る可能性があるのです。

    そして薬とサプリメントの飲み合わせが悪いと、期待した効果が出ないことがあります。

    薬の効果が抑えられて十分発揮出来なかったり、逆に薬の効果が強くなりすぎて体に負担がかかってしまう場合があります。

    代表的な例としては血液凝固剤ビタミンKと一緒に服用すると、薬の効果が抑えられることがあります。

    またパーキンソン病の薬は、ビタミンBによって分解を早められてしまい、十分な効果が発揮できなくなります。

    飲み合わせの問題に気づかずにサプリメントと薬を一緒に飲んでしまったということがないよう、薬を処方された場合は薬局などで今飲んでいるサプリメントと飲み合わせの問題がないかどうかを確認してから適切な対応をしてください。

    また、薬との飲み合わせとは異なりますが、サプリメントを摂取する時は、カフェインなどが含まれているものは避けましょう。

    お茶やジュースを使うことも決して好ましくはありません。

    サプリメントの栄養成分が体内で十分に効果を発揮しなくなってしまう場合もあります。

    お茶で鉄のサプリメントを飲むと、お茶のタンニンがサプリメントの鉄とくっついて吸収されづらい状態になることは有名です。

    薬やサプリメントは飲み合わせがあるということを心に留めた上で、飲み方や使い方を決めましょう。

    サプリメントの上手な飲み合わせ

    • 2014.10.05 Sunday
    • 13:56
    今回はサプリメントの上手な飲み合わせについて詳しく調べてみました。

    ビタミンは体の免疫力を強化して風邪などを引きにくくしてくれます。

    ビタミンCは知名度の高いビタミンですが、それ以外にもビタミンはあります。

    ビタミンB群は、疲れからの回復や引き始めの風邪に対して効果がある栄養素で、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸などが存在します。


    サプリメントで複数のビタミンを取り入れることは意味があります。

    例えばビタミンB群はまとめて飲むことで個々の機能を高めてくれます。

    またビタミンCをサプリメントで摂取する場合は、マグネシウムやカルシウムの併用がおすすめです。

    鉄サプリメントの吸収効率を高めるには、ビタミンCやマンガンなどとの飲み合わせが適しています。

    飲み合わせ次第でそれぞれの吸収率がアップし、体内で速やかに効果を発揮する訳です。


    お肌に良いサプリメントとしてコラーゲンが人気があります。

    このコラーゲンはビタミンCや鉄分との相性が良く、一緒に飲むことでさらに効果が高まります。

    これらの相乗効果が見込まれる成分をまとめて1つのサプリメントにした商品も販売されていますし、飲み合わせの良い複数のサプリメントを組み合わせた商品もあります。


    サプリメントの種類自体が多いので、サプリメントの飲み合わせのバリエーションも相当数にのぼります。

    この飲み合わせで問題ないか判断できないという時は、専門店やメーカーに問い合わせるといいでしょう。

    中途半端な状態でサプリメントを使わないようにした方が良いです。

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    PR

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM